投資

10分で完了!bitFlyerの口座開設手順を紹介

こんにちは、ミズキです。

今回は、国内仮想通貨取引所の一つであるBitFlyerの口座開設方法を解説していきます。

スマホで開設する際の画像を使用していますが、PCでも手順は変わりません。

手続きに必要な時間は10分程度です。

参考にしてみて下さい。

開設時に必要なもの

口座開設時に必要なものは、

  • 口座登録用メールアドレス
  • 本人確認書類

の2つです。

後で出てきますが、本人確認書類で有効なものは

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • 在留カード

です。口座開設前に用意しておきましょう。

口座開設手順

メールアドレス登録

まずはbitFlyerで使うメールアドレスを登録します。

bitFlyer公式ページにアクセスし、下記の欄にメールアドレスを入力します。

すると、登録したメールアドレスに確認メールが届きます。

届いた確認メールにはキーワードが記載されていますので、下記画面からキーワードを入力します。

入力後、一番下の「次へ」を押しましょう。

パスワードの設定

続いて、ログイン用パスワードを設定します。

なお、パスワードは9文字以上、小文字、大文字、数字、記号のうち2種類以上を用いることが必要です。

パスワード入力後、「設定する」を押しましょう。

利用規約への同意

利用規約の同意画面に映ります。

全てのページを読み、チェック後、「同意」を押しましょう。

二段階認証の設定

続いて、二段階認証の設定を行います。

※二段階認証の設定により、ログインや出入金の際、パスワードだけでなくランタイムコードの入力によって不正なログインを防ぐことができます。

二段階認証では、

  • SMS(ショートメッセージ)
  • 認証アプリ
  • メールで受け取る

のいずれかを使うかを選択します。

(SMSまたは認証アプリの使用が推奨されています。)

 

SMSで受け取る場合、スマホの電話番号を入力します。

入力後、「次へ」を押しましょう。

 

二段階認証のテストとして、設定した電話番号に確認コードが送られてきます。

コードを入力し、認証して下さい。

 

二段階認証時をどの手続時に行うか設定します。

  • 日本円の出金時
  • 仮想通貨の外部送付時
  • 外部アドレスの登録時

は必須となりますが、任意でログイン時も設定が可能です。

入力後、「設定する」を押します。

本人確認資料の提出

続いて、本人確認資料を提出していきます。

以下の画面が表示されたら「入力する」を押しましょう。

 

本人情報として氏名、生年月日を入力します。

入力後は「次へ」を押しましょう。

 

住所も入力し、「次へ」を押しましょう。

 

最後に電話番号です。

入力後は「入力内容を確認する」を押しましょう。

 

入力内容を確認します。

問題なければ「登録する」を押しましょう。

 

これで本人情報の登録は完了です。

続けて取引目的等を入力していきます。

 

財務情報、取引目的、投資経験等を聞かれますので、適宜入力していきます。

取引目的等の登録が完了した後は、本人確認資料の提出を行います。

 

下部の「次へ」を押しましょう。

 

本人確認書類として、

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • 在留カード

のいずれかを選択し、「注意事項を確認しました。」をチェック後、「次へ進む」を押しましょう。

 

次の画面から、本人確認書類および自分の顔の撮影が始まります。

画面の指示に従いつつ、進めていきましょう。

 

 

撮影が完了すると、以下の画面が表示されます。

「ホームに戻る」を押します。

 

これで口座開設手続きは完了です。

bitFlyer側で口座開設の審査が始まりますので、少し待ちましょう。

問題がなければ数日後、登録メールに口座開設の連絡が届きます。

以上となります。

error: Content is protected !!