生活のコツ

【もはや錬金術】楽天ふるさと納税で節約しつつ1万ポイント稼ぐ方法

 

ふるさと納税をやっているけど、もっとお得な方法があれば知りたい方。

楽天ふるさと納税を使うのがお得って聞くけど、どう使えばいいかわからない方。

そんなあなたへ。

楽天ふるさと納税を利用して簡単に1万ポイントをゲットする方法をお教えします。

こんにちは、ミズキです。

突然ですが、皆さんはふるさと納税を利用していますか?

ふるさと納税は、年収に応じた寄付を行い、実質負担2000円で各自治体から返礼品がもらえる制度です。

返礼品でよく使う食材や日用品をもらえれば、節約に大きく役立ちます。

そんなふるさと納税ですが、楽天ふるさと納税を利用すればさらに楽天ポイント1万ポイントを簡単に入手できます。

今回は、その方法を解説していきます。

ふるさと納税はフル活用すると割と大きな額になります。

せっかく利用するのにポイントを取りこぼしてしまうのはもったいないです。

少しの工夫で簡単にできます。ぜひ読んでみて下さい。

こんな人におすすめ
楽天ふるさと納税をこれからしてみたい方。
今までふるさと納税をやっていたが、楽天ふるさと納税以外で利用していた方。

読んで役立つこと
楽天ふるさと納税を利用し、楽天ポイントを1万以上貯めるための方法が分かります。

 

ふるさと納税は楽天ふるさと納税が最強。

ふるさと納税とは、自分の故郷や応援したい自治体に対しお金を寄付できる制度です。

寄付をすると、その自治体から、返礼品としてお肉、魚介、果物、電化製品といった品物が自治体から送られてきます。(寄付上限額は年収や配偶者の有無によって決まります。)

ここでポイントなのは、寄付額から2000円を引いた額分だけ翌年度の住民税が控除される、ということです。

図で表すと、このような感じです。

そのため、ふるさと納税は実質、

2000円で自治体から食材や日用品等の返礼品がもらえるお得な制度

とも言えます。

ふるさと納税を申し込むサイト(ふるさと納税サイト)は、

  • 楽天ふるさと納税
  • さとふる
  • ふるなび
  • ふるさとチョイス

などいくつもありますが、ミズキは断然”楽天ふるさと納税”をおすすめします。

なぜなら、

  1. 楽天ふるさと納税+楽天カードでポイント上乗せ可能。
  2. 楽天SPUによってさらにポイント倍率アップ。
  3. お買い得な日に利用すればさらにさらにポイント倍率アップ。

という、3つのポイント荒稼ぎチャンスがあるからです。

これら3つを活用すれば、1万ポイントを稼ぐことは決して難しいことではありません。

では、以下に一つずつ解説していきます。

①楽天ふるさと納税+楽天カードでポイント上乗せ可能。

現在、どのふるさと納税サイトでもクレジットカード決済は対応しています。

ただし、楽天ふるさと納税ならば

  • 楽天のアカウントを持っていれば寄付額の+1%還元。
  • さらに楽天カードを使えば+2%還元。

が可能です。

つまり、

  1. 楽天アカウントから楽天ふるさと納税のサイトへ行き、
  2. 楽天カードを使い、
  3. 自治体に寄付をする。

たったこれだけで寄付額の+3%分の楽天ポイントがゲットできるのです。

ふるさと納税を利用する方には、楽天アカウント+楽天カードは非常に強力なサポートになります。

楽天カードは年会費無料で、今ならば新規入会+初利用で5000ポイント入手キャンペーンが行われています。

 

\ 年会費無料!今なら新規入会&利用で5,000ポイント!/

 

なお、楽天プレミアムカードを利用すればさらに+2%上乗せできます。

ただ、楽天プレミアムカードは年会費が11,000円とやや高額です。

+2%程度であれば、この後解説するテクニックでいくらでも埋め合わせ可能です。

そのため、無理してプレミアムカードを発行しなくても全く問題ありません。

 

②楽天SPUによってさらにポイント倍率アップ。

お得にポイントを貯める方法は、楽天カード+楽天ふるさと納税の組み合わせだけではありません。

楽天グループのサービスをあわせて使えば、ポイント還元率をさらに高めることが可能です。(これが楽天SPUという仕組みです。)

具体的なサービス名、ポイント倍率、ポイントアップ条件は以下の通りです。

ミズキは黄色の楽天モバイル、楽天市場アプリを使うことでさらに+2.5%のポイントアップを行っています。

他のサービスの利用でさらにポイントアップが狙えますが、楽天ブックスなど毎月利用額が必要なサービスもあり、全てを有効にするのはかなり難しいです。

一方、楽天市場アプリでの決済や楽天モバイルであれば比較的利用しやすく、おすすめのサービスです。

③お買い得な日を狙って倍率アップ。

楽天では期間限定でポイント倍率が上がる日が定期的にあります。

楽天ふるさと納税もその期間を狙って利用しましょう。

そうすることで大幅に得られるポイントの倍率を高めることができます。

具体的には以下のようになります。

重要なのは、開催期間が重なる日はポイントが2重3重にゲットできるという点です。

例えば、

  • 楽天お買いものマラソンの開催期間中であり、
  • その日が5と0のつく日であり、
  • 前日に楽天イーグルスとヴィッセル神戸が勝利している。

ならば10店舗の買い物(楽天ふるさと納税なら10自治体の寄付)で+15%のポイントアップが実現できるのです。

この還元率は本当に大きいですね!

ただ、全てが重なる日はなかなかありません。

直近は2022年7月10日が狙い目でした。(前日イーグルスが負けてしまったため買ったら倍キャンペーンは+2%でしたが。)

2022年にふるさと納税を行うならば、

  • 9/5(月)
  • 9/20(火)
  • 9/25(日)

が狙い目です。

なぜなら、

  • 例年、その期間にお買いものマラソンorスーパーSALEが開催されている。
  • 0と5のつく日。
  • 前日に楽天イーグルスorヴィッセル神戸の試合がある。

と、お買い得な日が重なる可能性が高いからです。

貪欲にポイントアップを狙いたいならば、これらの日に利用してみると良いでしょう。

 

楽天ふるさと納税のお得な利用法まとめ

ここまでのことをまとめます。

楽天ふるさと納税で返礼品をもらいつつ楽天ポイントをガッツリ稼ぐためには、

  1. 楽天カードを使って楽天ふるさと納税内の各自治体に寄付する。
  2. 楽天SPUによりポイント還元率をさらに高める。
  3. 楽天お買いものマラソン
    楽天スーパーセール
    楽天大感謝祭
    の内いずれかの期間中、かつ5と0のつく日、かつ前日楽天イーグルスとヴィッセル神戸が勝利した日に利用する。

以上3つを合わせて行うことが重要です。

実際に1万ポイントを手に入れる方法を、年収500万円の独身サラリーマンの場合でシミュレートしてみました。

ふるさと納税は本来、自己負担2000円で返礼品をもらう制度。

それなのに、2000円をはるかに上回る12,917ポイントをゲットできちゃいます。

まさに錬金術ですね!

③のお買い得な日を狙うのが一番大事ですが、楽天カードを発行すれば手軽に①の+3%が達成できます。

年会費永年無料で、今ならば5,000ポイント入手キャンペーンも実施中です。

持っていて損はありません。

ふるさと納税をもっとお得に活用してみたい方は発行してみてはいかがでしょうか?

 

\ 年会費無料!今なら新規入会&利用で5,000ポイント!/

 

他のふるさと納税サイトとの違いは?

ここからは補足内容です。

「楽天ふるさと納税、ホントに他の納税サイトよりもいいの?」

という疑問を検証すべく、比較をしていきます。

大手のふるさと納税サイト5つの特徴を比較したのが下の表です。

楽天ふるさと納税は掲載自治体数こそふるさとチョイスに負けているものの、その差はわずかです。

また、ポイント還元率の高さが際立ちます。
(最大30%は楽天SPUをフル活用した場合です)

また、使いやすい楽天ポイントが貯まるのがやはり大きいです。

他のふるさと納税サイト、例えばふるなびですと「ふるなびコイン」が貯められます。

しかし、楽天の店舗内で何にでも利用できる楽天ポイントに比べるとふるなびコインは正直使いにくさを感じます。

ふるさとプレミアムではAmazonギフト券による還元が可能ですが、掲載自治体数もポイント最大還元率も楽天ふるさと納税には及びません。

これらのことから、やはりふるさと納税は楽天ふるさと納税での利用が

返礼品の種類

ポイント還元率

の面でおすすめなのです。

楽天ふるさと納税利用時の注意点

楽天ふるさと納税は確かにポイントが貯めやすく、利用には非常におすすめできます。しかし、注意点もあります。

お買いものマラソンのポイントupに上限がある。

楽天お買いものマラソンでは、10ショップ以上の購入で最大ポイント10倍になります。

しかし2022年8月現在、10ショップで購入して得られるポイントの上限は7000ポイントとなっています。

必要以上に買い物をしてもポイントを貯めることができず、逆に損する可能性がありますので気をつけましょう。

具体的にいくら購入すると7000ポイントに達するかというと、

税抜き価格 77,777円
消費税10%込みの価格 85,555円
軽減税率8%適用時の価格 84,000円

 

となります。お買いものマラソン時は、税抜き価格が77,000円近くになったらポイント上限である7000ポイントに達する、ということを意識しておきましょう。

 

確定申告が必要な場合がある。

年末までにふるさと納税を終わらせ、寄付自治体が5つ以内であれば税金控除の申請ができる方法があります。
(ワンストップ特例といいます。)

しかし、年明け後にふるさと納税を利用したり、寄付自治体が6つ以上であれば、税金の控除には確定申告が必要です。

確定申告が必要な書類には、

  • 寄附金受領証明書
  • マイナンバーカードorマイナンバーが確認できる書類+本人確認書類
  • 還付金受取用口座番号
  • 源泉徴収票

があります。

また例年の確定申告の期限は2月中旬~3月中旬です。

申告を怠ると住民税控除のメリットが受けられません。

初めての方は確定申告書類の作成に結構時間を取られますので、気をつけましょう。

一気に頼みすぎると冷蔵庫に入らなくなることも。

意外とやってしまいがちなのがこれ。

楽天ふるさと納税はポイントが貯まりやすいですが、かといって一気に寄付すると返礼品の来るタイミングが同時になりやすくなります。

ナッツのような日持ちの良い食べ物ならば良いですが、牛肉や豚肉、鮭といった冷凍保存する食材が一気に来ると冷凍庫に入りきれなくなる恐れがあります。

ウキウキ気分で買ったのでそんなことになったら大変です…。

楽天ポイントが貯まりやすい日に一気に買う際は、

  • 冷凍庫に保存するもの
  • 冷蔵庫に保存するもの
  • 常温で保存できるもの

のように、ある程度分散させると良いですよ。

まとめ

ふるさと納税を利用する際は、ポイント還元が非常にお得な楽天ふるさと納税がおすすめ、という記事でした。

ポイント還元率を高める主な方法は、

  1. 楽天ふるさと納税+楽天カードでポイント上乗せ可能。
  2. 楽天SPUによってさらにポイント倍率アップ。
  3. お買い得な日に利用すればさらにさらにポイント倍率アップ。

があります。

上手に活用すれば1万ポイント程度は簡単に貯められますので、ぜひチャレンジしてみて下さい。

この記事が少しでも役に立てれば幸いです。

\ 年会費無料!今なら新規入会&利用で5,000ポイント!/

error: Content is protected !!