生活のコツ

【生産終了】第7世代iPod touchは買っとく方がいいって話

こんにちは、ミズキです。

2022年5月10日、Apple社はiPod touchの販売終了を発表しました。

2001年の発売から約20年。
iPodは携帯音楽プレーヤーとして広く愛されてきました。

しかしiPod classic, nano, shuffleといった各モデルは次第に販売を終了し、最後の機種である第7世代iPod touchも在庫限りとなりました。

今や音楽はmp3ではなく、SpotifyやApple music、Amazon Musicのようなストリーミング配信で聴くのが主流。

そのため、音楽はポータブル音楽プレーヤーではなくスマホで聴くことが多くなっています。

今回の販売終了も、iPhoneを音楽デバイスとして一本化するためのApple社の戦略なのでしょう。

ただ、ミズキはスマホで音楽を聴くのが最適とはどうしても思えないのです。

10年近くiPod touchを使っていますが、スマホとiPodを同時に使用することはたくさんあります。

軽量かつ大容量の音楽プレーヤーであり、iOSも搭載されているiPod touchは、使い方次第で非常に便利なデバイスとなります。

売り切れを心配しているなら、今すぐ購入すべきであり、中古であっても持っておきたいくらいの性能と言っても過言ではありません。

 

ということで今回は、その理由や第7世代iPod touchの魅力について、詳しく解説していきます。

この記事はこんな方におすすめ:
・スマホで音楽を聴くことが多く、電池の消費が気になる方。
・Androidスマホユーザーだが、iOSも使いたい方。
・長年iPodを使ってきて、故障が怖い方。

読んで役に立つこと:
スマホとiPod touchの併用はメリットがたくさんあることが分かります。

スマホと併用で、電池消耗や操作の煩わしさが減る。

今や電車やバスの中では誰もがスマホを見ています。

SNSにゲーム、電子書籍に音楽、スマホがあれば何でもできると言っても過言ではありません。

しかしスマホだけに頼ると、電池の消耗が早くなるのも事実。

そこでiPod touchで音楽を聴けばスマホの電池消耗を肩代わりすることができます。

iPod touchにはSIMカードスロットがないため、wi-fiが無ければネットに繋がりません。

しかし自宅のwi-fiであらかじめApple music等から音楽をダウンロードしておけば、オフラインでも音楽を聴くことが可能です。

iPod touchにはカメラもついていますので、写真や動画撮影を肩代わりすることも可能です。

 

また、プレイリストを操作しながらSNSを見る、ゲームをするといった、2つのことを同時にしたい時は多々あるのではないでしょうか。

そんな時、スマホとiPod touchを併用すればSNS・ゲームを中断してプレイリストを操作する、といった煩わしさから解放されます。

全ての娯楽をスマホ一台で済ませるのも、実は考えものなのです。

Androidスマホ持ちなら格安でiOSデバイスが手に入る。

ミズキはAndroidのスマホを使っていますが、iOSでしかアプリがリリースされておらず、はがゆい思いをすることがしばしばあります。

iPod touchはiOS14が搭載されているため、併用すればAndroiod、iOSどちらも利用することが可能です。

iPpadを購入しても良いのですが、金額面で言えばiPod touchの方がはるかに安く手に入ります。

 

参考までに、iOSでのみ利用可能(Android未対応)な便利アプリを一部紹介します。

twlikes for twitter

twlikes for Twitter
twlikes for Twitter
開発元:Kentaro Imai
無料
posted withアプリーチ

Twitterで いいねしたツイートを整理できるアプリです。

いいね したツイートを、ユーザー別・リスト別に振り分けることができます。後で見返すときに非常に便利です。

Android版を何年も待っているのに、リリースの予定はないとのこと…。

 

図書館日和

図書館日和
図書館日和
開発元:hiKnowledge Software
無料
posted withアプリーチ

全国7000以上の図書館の蔵書検索・予約ができるアプリです。

Amazon、楽天ブックス、読書メーターとも連携、レビュー閲覧も可能。

さらに返却期限の通知機能も完備。

ここまで便利な図書館利用アプリはAndroidにはありません。

 

FaceTime

FaceTime
FaceTime
開発元:Apple
無料
posted withアプリーチ
 

 

iOS標準装備の通話アプリ。音質が非常にクリアなため、iPhoneユーザーと通話する際に役立ちます。

 

他の音楽プレーヤーに比べコストパフォーマンスが超高い。

最新機種である第7世代のiPod touchの容量と発売当初の値段は以下のようになっています。(価格はApple社公式ページより引用)

  • 32GBモデル:23,980円(税込)
  • 128GBモデル:36,080円(税込)
  • 256GBモデル:48,180円(税込)

はっきり言って、これは格安の値段です。一方で、価格.comで人気上位にいるポータブル音楽プレーヤーはこんな感じです。

 

高ぇ!( ゚Д゚)

正直ミズキは買えません。iPod touchがなければ泣く泣くスマホで音楽を聴くことになるでしょう。

このように、iPod touchは同じ容量、同じ大きさの音楽プレーヤーの中では非常にコストパフォーマンスに優れているのです。

今ならまだ間に合います。後で欲しいと思っても、もう手に入らないかもしれません。

第7世代iPod touch、実は超高性能。

2019年5月に発売した第7世代のiPod touch。その性能は3年経った現在でも十分な性能を持っています。

特に注目すべきは、

  • iPhone7同等のA10fusionチップ搭載。ウェブサイト閲覧は全く問題なし。
  • 88gと軽い。(iPhone 13が173gなので約半分)
  • イヤホンジャックがあり、有線・Bluetoothどちらも接続可能。
  • 他のApple製品同様アクセサリーが豊富。

といった点です。

個人的には、88gというiPhone13対比約半分の重さが一番の強みです。

ミズキは音楽を聴きながらジョギングや筋トレをするのですが、スマホで聴くのは結構かさばるんですよね。

iPod touchの重さならば、そのように感じることはありません。

また、運動中にスマホを落とし、破損しまうとかなりの大ごとです。iPod touchを使えば、その予防にもなります。

iOSが使え、他メーカーに比べ格安で、かつこの性能。iPod touchって実はすごい奴なのです。

なお、詳細な仕様は下記Apple社のページをご覧下さい。
Apple社公式HP iPod touch製品仕様

どこで手に入る?

ミズキは2012年からiPod touchを使っていますが、時々動作不良を起こしていました。

そのため、このニュースを聞いて『手に入らなくなったら大変だ!』と速攻で新品の第7世代iPod touchを購入しました。

現在、Apple公式オンラインショップ、Amazonでは全モデルが売り切れとなっています。

2022年5月28日時点での購入先は、

  • 価格.com
  • メルカリ、ラクマのようなフリマアプリ
  • ソフマップ等の家電量販店(主に中古での販売)

が挙げられます。ただし一点、注意があります。

2014年に販売を終了したiPod classicもそうでしたが、生産終了直後は新品も中古も価格が高騰する傾向があります。

今後さらに上がるか、それとも落ち着くのかは分かりませんが、心配ならば早めに購入するに越したことはないでしょう。

  • 比較的高い相場でも、即iPod touchを買う。
  • 他の割高なポータブル音楽プレーヤーを買う。
  • 購入をあきらめ、音楽はスマホで聴く。

これらの早めの決断が、必要とされてきています。

まとめ

  • スマホで音楽を聴くことが多く、電池の消費が気になる方。
  • Androidスマホユーザーだが、iOSも使いたい方。
  • 長年iPodを使ってきて、故障が怖い方。

向けに、第7世代のiPod touchは買っておいた方が良いという記事でした。

  • 音楽アプリをスマホから分けることで、電池消耗や操作の煩わしさが減る。
  • Androidスマホユーザーは格安でiOSと併用できる。
  • 他の音楽プレーヤーに比べコストパフォーマンスが超高い。
  • 88gと軽量で、持ち運びに便利。iPhoneにはないイヤホンジャック完備。

恐らく記事を書いている現在も、リアルタイムで在庫が減ってきているものと思われます。

購入したい方は、

  • 価格.com
  • メルカリ、ラクマのようなフリマアプリ
  • ソフマップ等の家電量販店(主に中古での販売)

を調べてみると良いでしょう。

定価よりも若干割高ですが、メルカリでも新品が販売されています。

購入希望ならば、早めに動かれることをおすすめします。

この記事が少しでも参考になれば幸いです。

error: Content is protected !!